オプション倶楽部へようこそ。Q&A
受講生の声
トップページ はじめての方 お申込み オプション取引 お問い合わせ


<< Home / 【オプション倶楽部通信】バックナンバー / 2012年3月2日号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ オ プ シ ョ ン 倶 楽 部 通 信 ▼
〜 “プロ”を目指す個人投資家のためのメールマガジン 〜
             オプション倶楽部 http://www.optionclub.net/
────────────────────────────────
             ≪ 「戦略的投資家」 ≫
─────────────────────────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.153 2012.3.2 ━━━

◆増田丞美氏新刊『数字の変化が映し出す投資の原則』
 http://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=3520&c=9784775991138

◆オプション倶楽部会員 「ブラック・ショールズTシャツ」プレゼント!
 http://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=3520&c=9900000016591

◆“マンツーマン方式”オプション倶楽部初級者講座 第12期生募集!
 http://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=3520&c=2011163100009


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  「戦略的投資家」
■■                       増田丞美
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近バフェット氏は自ら率いる投資会社
バークシャー・ハサウェイを代表してレターを株主に送りました。
その内容が発表されています。
手紙の中で氏は自らの投資哲学を述べています。

氏が多くを学んだ
ベンジャミン・グレアム著“Intelligent Investor”も紹介されています。
同著は投資について深く考えさせて姿勢を正してくれる名著だ
というバフェット氏の意見について私も同じ考えをもっています。

“オプショントレーダー”といわれる私は
バフェット氏と対極に位置していると思われがちです。
私自身、自らを“トレーダー”とは思っていません。
もっとも、いちいち訂正を求めたり、否定もしていませんが・・・。

オプションのようなデリバティブを使っているのでよく誤解されます。
私は自らを「戦略的投資家」と呼ぶことにしています。
ご興味のある方は拙著『数字の変化が映し出す投資の原則』を
是非読んでいただきたいと思います。
ベンジャミン・グレアムの“Intelligent Investor”
(邦訳:『賢明なる投資家』)という本もおススメです。

バフェット氏の投資行動には勇気づけられます。
昨年8月8日氏が同年最も多く株式を買ったとされる日、
私は最も多くLEAPS(株式長期オプション)を仕込みました。
株式オプションのボラティリティが最も高かった日でした。
バフェットが大きく動いた日と偶然重なりました。

LEAPSのような残存期間の長いオプションはベガリスク
(オプションのインプライドボラティリティのプレミアムに対する感応度)
が高く、私は特にそれを利用するのを好みます。
ハイクオリティ銘柄のボラティリティが高くなったときは
下値リスクが小さく、大きなチャンスとなります。
2008-2009年、そして、昨年、LEAPSを大いに利用しました。

私のもう一つのお気に入りの戦略に、株式オプションの期間構造
(残存期間の違いによるインプライドボラティリティの格差とその構造)
を利用したボラティリティスプレッドがあります。

これも、私に関する限り“トレード”といったものではなく、
投資的イメージをもって実行しています。
株式投資というよりも債券投資に近いイメージになります。
しかし、期待利回りは通常の債券より10倍以上高いのが魅力です。

“オプショントレーダー”と呼ばれる私は
マーケット変動を利用して素早く値ザヤを稼ぐ
スペキュレーターだと思われがちですが、
私は多くの方々が思っているよりずっと保守的なのです。
その保守的スタイルをずっと貫いています。

リスクが高そうに見えるハイボラティリティの銘柄に
手を出すこともありますが単に不合理な価格を利用しているだけです。

私の株式オプションのポートフォリオは
多くのハイクオリティ銘柄で構成されています。
そのような銘柄はボラティリティが低く、
多くの投資家は退屈だと思うに違いありません。

しかし、ハイクオリティ銘柄の“ハイクオリティ”たる所以が
それらのポジションを持ってみて初めてわかるでしょう。
それらは決して退屈ではありません。
雨風にさらされても安定したボラティリティを維持し
収益を運んでくれる頼もしい存在なのです。

今年は閏年です。
2月29日、2月最後の米株式マーケットは反落して取引を終えました。
S&P500は前日から0.5%下落し1365.68で引けた。
この水準は2008年来の高値をなお上回っています。
2月最後の日の株式マーケットの反落は
FRB議長のコメントが影響したようです。

同議長バーナンキ氏のコメントは
今後の量的緩和の可能性を打ち消すような内容でした。
これを受けて米債券が売られ、
量的緩和を期待していた株式マーケットの参加者を失望させました。

FRB議長のコメントはサプライズではありません。
さらなる量的緩和を示唆していた当時とは状況ががらりと変わっているのです。
米経済は堅調で、ここのところ発表された経済統計はそれを裏付けています。
そして、なによりも株式マーケットは年初からかなり強い動きを見せています。
米株式マーケットはS&P500ベースで1月4.4%、
そして、2月も4.1%もの上昇を見せたのです。

株式オプションのボラティリティは全体的に大幅に減少しました。
S&P500オプションのボラティリティだけでなく、
個々の株式銘柄のオプションを見ると昨年と比べて
ボラティリティが相当減少したことに改めて驚かされます。
昨年異常に高かった個別株オプションのボラティリティが相当低下しました。

昨年から仕掛けた長期オプション戦略の結果はご想像の通りです。
期待以上に事が早く、そしてうまく進んだということです。
果実を手にすべき時期に来たようです。

“too good to be true”という言葉があります。
そんな感じを受けたここ2ヶ月の展開でした。


【参考】
『数字の変化が映し出す投資の原則』(パンローリング)
 http://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=3520&c=9784775991138

『賢明なる投資家』(パンローリング)
 http://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=3520&c=9784939103292


・……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・
■  ≪ 投資戦略フェア EXPO 2012 復習DVD≫
・……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・

  『投資戦略フェア EXPO 2012』の講演はDVD化される予定です。

  「オプション倶楽部」主宰の増田丞美氏の講演
  『今がチャンス!個別株と株式オプションの成功戦略』も
  DVD予約受付中となっております。

  当日受講できなかった方も、振り返って学習される方も
  DVDの予約はこちらからどうぞ。
 http://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=3520&c=9784775963739

……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・
■ オプション倶楽部のご案内
……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・

 「ブラック・ショールズTシャツ」プレゼント!

◆オプション倶楽部会員
 18,900円(税込) 1カ月更新
 http://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=3520&c=9900000016591

 米株式、株価指数、日本円通貨オプション、LEAPS銘柄などの
 トレード法やポジションの動かし方、比較的安定した運用など、
 オプション倶楽部ならではのノウハウを公開します。


◆初級者からのオプション取引 通信講座 第12期生 2012年4月スタート
 http://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=3520&c=2011163100009

 大人気の≪ オプション倶楽部初級者講座 ≫
 4月からのスタートとなる、第12期生の募集を開始しました!

 従来の初級者講座の内容に加え、
 “マンツーマン方式”で通信講座を進めます。
 各受講生に適したレベルや内容でオプションを学んでいただきます。


……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・
■ 編集後記
……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・

  今年は閏年でしたね。
  1日損しているのか、得しているのか悩ましい・・・。

  2月29日生まれの方は4年分の「おめでとう」を
  言われるのでしょうか。
  でもバースデーケーキは1つで充分ですよね。。
  ホームベーカリーが欲しい今日この頃です。(三芝)

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
※ このメールマガジンは、オプション倶楽部にアクセスされた方に毎週
配信しています。今後のご案内を不要とされる場合は、誠にお手数ですが、
http://www.optionclub.net/mailmag/ から解除をお願いいたします。

発行: パンローリング株式会社 オプション倶楽部
プロを目指す個人投資家のために http://www.optionclub.net/
ログイン オプション倶楽部101 ログイン プレミアム会員 ログイン

米国市場休日カレンダー

2015年


2016年


2017年

■増田丞美

Wish and Brain Partners/ WBP, LLC CEO兼社長。「オプション倶楽部」主宰。

米コロンビア大学卒業後、米系大手投資銀行(ロンドン)及び投資会社(ニューヨーク)等を経て現職。現在国内外の事業会社経営の傍ら、オプションの一般投資家への啓蒙活動など幅広く活躍している。オプションに関する著書多数。

著著に、『最新版オプション売買入門』や、『最新版オプション売買の実践』『DVD 株式投資の利回りを高める投資のすすめ』など多数。



免責事項 | パンローリング株式会社

Copyright(C)2005-2019 Pan Rolling Inc. All rights reserved.