オプション倶楽部へようこそ。Q&A
受講生の声
トップページ はじめての方 お申込み オプション取引 お問い合わせ
■オプション売買の基本知識
オプションとは?
オプション価格(プレミアム)
コールとプットの損益図
オプション価格決定に影響を与える変数
ボラティリティ=変動率


オプションとは?

「オプション」という言葉は、英語のOptionという言葉から来ており、「選択・権利」という意味です。
つまり「オプション取引」とは「権利を取引する」、「権利を買う、または売る」ということです。
では、いったいどんな権利を取引するのでしょうか。
    約束した数量の原資産(日経225,S&Pなど)を
    約束された価格で、
    予め約束された期日までに、
    買う、または売る、権利です。

(予め約束された期日:日経225オプションのSQは毎月第二金曜日、アメリカ市場は第三金曜日になります。)

これは約束事(契約)であり、オプションを購入した場合、買い手はこの権利を所有することになります。 そして、

「買う権利」をコールオプション(単にコール)
「売る権利」をプットオプション(単にプット)

「約束された価格」のことを権利行使価格(ストライクプライス)

「予め約束された期日」を限月といいオプション取引には期限(満期)があります。

オプションが取引される価格をオプション価格(プレミアム)といいます。


アマゾンドットコム(AMZN)のオプション価格(2008年5月23日付)

http://finance.yahoo.com/から引用

  1. 原市場であるAMZNの株価は79.26
  2. 上記表の限月は、期先の6月限(Fri, Jun 20, 2008)2008年6月20日(金)
    2010年1月限まである。
  3. 権利行使価格(ストライクプライス)は45ドルから110ドルまである。
  4. Lastの項目は最後に取引されたオプション価格(プレミアム)。



オプション価格(プレミアム)


オプション価格(プレミアム)= 本質的価値 + 時間価値

本質的価値とは原資産価格と権利行使価格との差のことであり、

    コールの場合・・・現在の原資産価格−権利行使価格
    プットの場合・・・権利行使価格−現在の原資産価格

    (例題)6月1日の日経平均の株価を12,000円(原資産価格)とした場合

    7月限の権利行使価格11,500のコールオプション 12,000円−11,500円= 500円(本質的価値がある)
    →本質的価値 0> 原資産価格 (イン・ザ・マネー/ITM)

    7月限の権利行使価格12,000のコールオプション 12,000円−12,000円= 0円(本質的価値がない)
    →本質的価値 = 原資産価格(アット・ザ・マネー/ATM)

    7月限の権利行使価格12,500 のコールオプション 12,000円−12,500円= −500円(本質的価値がない)
    →本質的価値 <0 原資産価格(アウト・オブ・ザ・マネー/OTM)

時間価値とは、オプション価格−本質的価値

アマゾンドットコム(AMZN)のオプション価格(2008年5月23日付)

http://finance.yahoo.com/から引用

本質的価値と時間価値

  1. コールのITM・・75ドル@6ドルの場合

    本質的価値は、4.26ドル[ 79.26(原市場価格)−75(権利行使価格)]
    時間価値は、1.74ドル[6ドル(オプション価格)−4.26ドル(本質的価格)]

  2. コールのOTM・・80ドル@3.05ドルの場合

    本質的価値は、0 [ 79.26(原市場価格)−75(権利行使価格)]
    時間価値は、3.05ドル[3.05ドル(オプション価格)− 0ドル(本質的価格)]

  3. プットのITMの・・80ドル@3.65ドルの場合

    本質的価値は、0.74 [80(権利行使価格)−79.26(原市場価格)]
    時間価値は、2.91ドル[3.65ドル(オプション価格)− 0.74ドル(本質的価格)]

  4. プットのOTMの・・75ドル@1.61ドルの場合

    本質的価値は、0 [75(権利行使価格)−79.26(原市場価格)]
    時間価値は、1.61ドル[1.61ドル(オプション価格)− 0ドル(本質的価格)]


時間価値の特徴
    オプションの期日が近づくにつれて急激にゼロに近づくという特徴がある。 このように、時間の経過とともにオプションの価値が小さくなることを、 タイム・ディケイ(Time Decay)という。



日経225オプション 2008年5月限 14000円コールのタイムディケイ

    上段:日経225チャート 下段:コールのプレミアム価格 引用先: チャートギャラリー


時系列でみるタイムディケイ
    日付日経平均終値コール価格
    2008/4/9 13130 90
    2008/4/10 12960 50
    2008/4/11 13360 130
    2008/4/14 12970 55
    2008/4/15 12990 55
    2008/4/16 13200 85
    2008/4/17 13440 135
    2008/4/18 13480 125
    2008/4/21 13720 170
    2008/4/22 13560 115
    2008/4/23 13620 130
    2008/4/24 13580 90
    2008/4/25 13830 165
    2008/4/28 13890 165
    2008/4/30 13820 130
    2008/5/1 13790 80
    2008/5/2 14060 195
    2008/5/7 14120 190
    2008/5/8 13950 25

コールとプットの損益図


コールの売りと買い、プットの売りと買いの正確な知識がなければ自らのポジションの リスク管理、時間管理ができない。満期時に価格がいくら以上(以下)になれば利益(損)かを 正しく認識するための必要知識。

オプション価格決定に影響を与える変数


源資産市場の価格
権利行使価格
オプション満期までの残存日数
金利→(基本的には無視して構わない)
インプライド・ボラティリティ(IV)


ボラティリティ=変動率


ボラティリティとは?・・・「原資産市場価格の上下、いずれかの方向への変動性向」(重要)
    A社の株価500円とすると、ボラティリティを20%とすると、この株価は向こう1年間、400円から600円の範囲内で変動する可能性を意味する。

ボラティリティの種類(2種類)

    ヒストリカリ・ボラティリティ(HV)・・・過去の原資産市場価格の平均変動率
     理論株価はHVを基に算出されたもので、過去の相場の変動率を平均化したもの

    インプライド・ボラティリティ(IV)・・・将来の変動率に関する市場の予想
     変数とオプション価格を基に変動率を求めるものであり、現実の変動率を、より正確に反映するもの

ボラティリティの特徴

  1. 相場の変動と同様にトレンドや一定のレンジを形成する

    市場の価格は上昇、下落を絶えず繰り返し、一定の幅で上下運動を繰り返すように ボラティリティも上昇、定価を繰り返す。

  2. 銘柄(市場)によってはボラティリィに周期性(季節性)がある
     大豆やコーンなどの穀物相場は一般的に需要期の春は高く収穫期の秋は安いという季節性

  3. 銘柄や市場によってボラティリティが異なる

    99年8月20日時点でのボラティリティの表です。 この表から分かることは、ボラティリティは絶対的な数字ではないということ。つまり、ボラティリティが15%であるとすると、 Tボンド(米国債券)ではきわめて高い(過去6年の最高が12.6%)が、S&P500(米国株価指数)では低水準。

  4. 限月によってボラティリティが異なる

  5. 権利行使価格によってボラティリティが異なる

  6. コールとプットのボラティリティは異なる
    同銘柄(市場)の同じアット・ザ・マネーあるいはアットから同じ距離(価格)だけ離れたアウト・オブ・ザ・ マネーのコールとプットのボラティリティはしばしば大きく異なっている。つまり、コールがプットに対して割高か割安の状態にある場合が多く見られるということ。
    →特に、Nikkei225 やS&P500 のような株価指数ではしばしばプットがコールに対して割高である場合が観察されます。 これは、機関投資家がリスクヘッジの目的でプットを大量に購入しているためといわれています。

  7. ボラティリティが上昇する時は時々急上昇するが、低下時は緩やか
    通常、オプションのボラティリティは緩やかに上下するが、特に、低下時においては緩やかな低下傾向を示し 次第に横ばい状態になる傾向がある。一方、ボラティリティの上昇時においては時々急激に上昇する場合がある。 まれなケースですが、ボラティリティが一夜にして数倍にも上昇したケースとしては、1987年の米国株式市場 の暴落時のS&P500、1990年の湾岸戦争時の原油市場や金市場など。

  8. 相場の変動同様にザラ場のボラティリティもしばしば大きく変動する
    基本的に、ボラティリティは毎日のオプション価格の終値を基に算出されますが、当然ながら日中において、 相場(原資産市場価格)の変動に伴い、オプション価格も変動するのでボラティリティは日中大きく変動 する場合がある。このために、ボラティリティは日中、本来あるべき数字から大きく乖離する場合が認めら れる。(日中間でオプションを売買する投資家にはしばしば利益を得るよいチャンスが巡ってくる。)